> 各金融機関の行うローン本審査とは

各金融機関の行うローン本審査とは

金融機関の提供する各種のローンを利用する為には、審査を受ける必要があります。
これは小口融資であるキャッシングや住宅ローンなどの高額な融資でも同様で、
金融機関が行う仮審査を受けた後に、ローン本審査を受け通過できた申込者だけが
融資を受ける事ができるようになるのです。

[POINT]本審査はキャッシング安心できる会社を選びたいならあるのが当たり前です。

仮審査のときは簡易的な審査が行われる事が大半ですが、
ローン本審査では審査項目も多くなり、より厳しい審査が行われます。
このローン本審査の申込には必要書類も多く、ローン本審査を受けるために必要な書類としては、
そのローンを提供する金融機関やローンの種類により大きく異なります。

さまざまな書類が必要となる場合も

しかし、どのようなローン本審査を受けるためにも必要となるのが、
本人を確認するための書類で、運転免許証や、住民票謄本、
健康保険証の写しなどが必要になるのです。

又、ローンの審査では年収が確認できる書類も必要で、一般的な給与所得者の場合は、
源泉徴収票や所得証明書の提出が義務付けられており、
自営業者の方の場合は納税証明書や確定申告書などが必要になります。

高額融資の場合は時間がかかるケースも

一般的には、このローンの本審査は、住宅ローンなどを申し込む場合には、
金融機関に加え、信用会社の評価基準も加味されるために、融資を受けるためには、
より多くの審査基準を満たす事が必要になるのです。

その為、このような高額な融資が必要になるローンの場合には、
より多くの審査基準をクリアーする必要があり、
本審査の結果には長期的な時間が必要となります。